チャプターあらすじを読む
オープニング
ないようを読む

オープニングタイトル

scene 01会話しているみたいなアプリ
ないようを読む

「今日のゴハンはなに?」。福くんがお母さんに送信しました。「何が食べたい?」というメッセージに、お姉さんからは「ハンバーグかエビフライ!」、お父さんからは「まかせる」という返事が。福くんはまよったあげく、「カレーだ!」。すると、「福くんも無料通話アプリ使ってるんだね~」とスマホがあらわれました。「みんなでお話したり、スタンプ送ったり、すごく楽しいんだ」と福くん。メールよりもすばやくやりとりでき、みんなで会話しているみたいで便利なアプリです。「でも」とスマホが言いました。「ある仲のいい女の子たちのあいだで、実際(じっさい)にこんなことが起こったんだ…」。

scene 02遊びの約束もスマホで
ないようを読む

「ただいま!」。凛(りん)が帰ってきました。ランドセルを置くなりスマホを手に取ります。「またスマホ? ほどほどにしなさいよ」とお母さん。凛はすぐに友だちと会話のやりとりを始めます。「今帰ったよ みんなは?」。「とっくに着いてる~ 次、いつ遊ぶ?」とさくら。「日曜」と美羽(みわ)。「OK!」と愛花(あいか)。みんなもOKで日曜に決まりました。「場所は?」。「アイカのうち」。「え~わたしのうち?」。凛も「行ってみたい」と言いました。「散らかってる~ それに何もな~い!」と言う愛花ですが、みんなでおかしや雑誌(ざっし)を持っていくことにして、愛花のうちに決まりました。「楽しみ!」。

scene 03愛花のうちは楽しかった!
ないようを読む

日曜日。凛たちが愛花の家にやってきました。大きな家です。豪華(ごうか)な居間(いま)にもみんなびっくり。愛花の部屋もピンクにまとめられていて、「いいなあ~」とうらやましがるみんな。「やっぱり愛花のうちにしてよかったね」とさくら。「うん!」と凛。

scene 04「愛花のうち、よくなくなかった」
ないようを読む

「ただいま~」。凛が帰ってきました。「おかえり。どうだった、愛花ちゃんのうち」とお母さん。「すごく楽しかったよ。テレビに出てくる家みたいなの」と言うと、凛はまたスマホを手に取りました。アプリを開くと、「今日、楽しかったね」、「チョー楽しかった!」、「また愛花のうち行きたい」とやりとりされています。そこで凛も、「愛花のうち、よくなくなかった」と送信しました。すると…、『愛花のうち…』、『よくなく…』、『なかった…?』。3人はだまってしまいました。「ねえねえ どうしたの?」と聞いても、返事がなかったのです。

scene 05愛花のうち良くないってこと?
ないようを読む

凛以外の3人のやりとりです。「さっきの何?」。「愛花のうち良くないってことだよね?」。「みんなで愛花のとこって決めたのに」。「凛ちゃん、楽しくなかったのかなあ?」。「前にもなかった?」。「映画(えいが)行ったとき!」。「みんなでアニメにしようって決めたのに 別のが良かったって」。「先に言ってほしい!」。「そういうとこあるよね~」…。「うん。そうだね。」とつぶやく愛花です。

scene 06みんなの無視が始まった
ないようを読む

次の日。「おはよう! ねぇ、なんで昨日返事してくれなかったの?」と、教室で凛が3人に話しかけました。でも、「行こう」と3人は無視(むし)して行ってしまいます。放課後、「今日、どこで遊ぶ?」と言いながら帰っていくさくらたちに凛が声をかけました。「待って! わたしも帰る」。でもさくらと美羽は愛花を引っぱって帰ろうとします。「待ってよ! わたし何か悪いことした?」と凛。するとさくらが「わたしたち、もう凛といっしょに帰りたくないの!」と言い、3人で行ってしまいました。取り残されてぼうぜんとする凛。

scene 07『?』がついていないだけで
ないようを読む

1週間後。お母さんが凛にたずねました。「最近、お友だちの話もしないし、スマホもいじらないし、何かあったんでしょ? 言ってみなさい」。「実は…」と打ち明ける凛。「学校でも無視(むし)されるし、理由聞いても教えてくれないし、意味わかんない」。すると、スマホの画面を見ていたお母さんが「あら? 愛花ちゃんのうち、楽しくなかったの?」と聞きました。「『よくなくなかった』って、『?』がついてないとまるで良くなかったみたいよ」と言ったのです。さらに、凛のキャラのスタンプも、いかにも『たいくつ』という感じ。だからみんな誤解(ごかい)してしまったのです…。

scene 08文字だけだと正確に伝わらないことも
ないようを読む

「いい意味で送ったはずなのに、悪い意味でとらえられて、グループからはずされちゃうっていうのはちょっとさびしいね」と福くん。「無料通話アプリは、グループでバーッともりあがれるのが楽しいところなんだけど、一人だけを仲間はずれにしたグループもかんたんに作れちゃうんだな」とスマホ。それに、文字だけだと正確(せいかく)に伝わらないこともあります。だから、言葉を発信するほうも、受け取るほうも、相手がわかってくれていると信じすぎないことも大事なのです。「ぼくも気をつけようっと」と福くん。みんなも気をつけましょう!

スマホ・リアル・ストーリー
たった一言のちがいが…
無料通話アプリに夢中の小6の凛。しかし、言い回しを誤解されたことで、仲の良い友人達から仲間はずれにされてしまう。凛は、何が原因か分からず母親に相談するが…

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう