お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

酸素を利用しているガラス工場

理科の実験で使うガラス器具工場で、ガスを高温で燃焼させるために酸素が利用されている様子を見ます。

関連キーワード:

ねらい

酸素の物を燃やす性質が、どのように活用されているかを考える。

内容

ものを燃やす働きがある酸素は、いろいろな場所で役立てられています。こちらはガラス工場。ガスに酸素を加えることで、高い温度の炎を作り、ガラスをいろいろな形に加工していきます。理科の実験で使うガラス器具もこうやって作られているんですね。ものを燃やす働きがある気体、酸素。様々な場面で利用されているんです。