お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

水の入った紙なべは燃えない?

水を入れた紙のうつわを火にかけ、水が100℃以上にはならないことを見ます。

関連キーワード:

学習のねらい

水は100℃以上にはならないことをとらえる。

詳しい内容

画用紙を折って作ったうつわで、しらべてみましょう。うつわに水を入れて、ガスバーナーで温めます。ガスバーナーの炎が紙のうつわに直せつあたっています。しかし、うつわは燃えません。中の様子を見てみましょう。水がふっとうしています。水の温度をはかってみます。およそ100℃です。水は温め続けても100℃以上にはなりません。紙が燃える温度はおよそ300℃ですが、水は温め続けても100℃以上にはならないので、うつわは燃えないのです。