お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

高速で止まるボール!?-ダイジェスト/大科学実験

時速100kmで走る車から、後方に時速110kmと時速90kmでボールを打ち出すと、ボールはどう進むか。ボールが打ち出される瞬間を観察します。

関連キーワード:

学習のねらい

運動する物体を観察し、運動には速さと向きがあることを知る。

詳しい内容

時速100kmで進む車から、ボールを後ろ向きに投げると、どのように見えるでしょうか?実験に使う車はこの車。荷台にピッチングマシーンを取り付けます。ボールの速度を時速110kmにして実験します。ボールが後ろへ飛んでいます。車が進む速さよりも、ボールの方が速いため、ボールの進行方向へ飛んで見えるのです。ボールの速度を時速90kmにします。ボールが、車の進行方向へ進んでいます。車の速さが、ボールの速さより速いため、車の進行方向へ進むのです。ボールが時速110kmの時は後ろ、時速90kmの時は前に飛ぶように見えます。ボールが時速100kmの時は、どのように見えるのでしょうか?時速100kmで進む車から、同じ速さで投げ出されたボールは、止まって見えます。車の速度を、ボールの速度が打ち消したために、止まって見えるのです。実際の速度ではなく、あるものから見た、他のものの見た目の速度を相対速度といいます。