お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

月の運動

月の形が毎日変わるしくみを、CGを使って説明します。

関連キーワード:

ねらい

地球から見た太陽と月の位置と光の当たり方を考え、月の形が毎日変わるしくみを知る。

内容

三日月、半月、満月と姿を変える月。月の形は、なぜこのように変わって見えるのでしょうか。それは、地球から見た月と太陽の位置が変わるからです。地球から見て月が太陽の方向にあると、月は逆光で明るい部分はほとんど見えません。新月です。新月と反対の位置にあるときは、月は地球から見て正面に光を受けるので、満月になって見えます。月が横にあるときには、半月。斜めの位置にあるときには、このような形に見えます。これは人工衛星から見た月です。黒く見える所は「海」と呼ばれていて、平らな大地が広がっています。反対側には、大小さまざまなクレーターが無数にあります。しかし月は、いつも地球にほとんど同じ面を向けているので、これらのクレーターを地球から見る事は出来ません。月はおよそ29日で、地球の周りを回っています。しかし、同じ周期で自転をしているため、地球にはいつもほぼ同じ面が向いているのです。