お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

音が遅れて聞こえるのは?

打ち上げ花火の音が距離によってどれくらい遅れて届くのかを調べて、音が空気を伝わる速さと光の速さのちがいについて説明をします。

関連キーワード:

ねらい

打ち上げ花火を離れた三地点で観察し、音の伝わる速さを知る。

内容

打ち上げ花火を、離れた場所で見ると…、花火が見えてから、しばらくして音が聞こえます。なぜでしょう。原因は光と音の伝わり方の違いにあります。光は1秒間に地球を七回転半、30万キロメートルの速さで伝わります。では、音の伝わる速さは? 打ち上げ場所から離れた3地点で、調べてみましょう。700m、1400m、2800m。花火が見えてから音が聞こえるまでの時間を測ります。まずは700mの地点。およそ2秒。1400mの地点では…。およそ4秒。2800mの地点では…。およそ8秒でした。この結果から、音の伝わる速さを計算してみました。気温15℃なら、音の伝わる速さは1秒間におよそ340mです。光の伝わる速さに比べて、音の伝わる速さが遅いため、目で見てから音が届くまでに遅れが生じるのです。