お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

なぜ地震は起こる?

プレートの運動によりたまるひずみによって、地震が起こるしくみを説明します。

関連キーワード:

ねらい

プレートの運動によって、日本列島にはひずみがたまること、そのために地震がたくさん起こることを知る。

内容

日本列島の近くでは、太平洋の日本海溝から、日本列島の深いところに震源が集中した部分があります。また、日本列島の地下の浅い部分を震源とした地震も頻繁に起きています。震源が集中している日本海溝では、海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込んでいます。大陸プレートはこの海洋プレートに引きずり込まれ、ひずみます。このひずみが限界に達すると、岩盤が砕け、プレートがずり上がります。海溝付近の地震は、このようにして起こるのです。一方、日本列島の地下では、プレートの運動によって岩盤を押す力が加わっています。それに耐えきれなくなると、活断層などの弱い部分がずれ動き、地震が起こります。これが、震源の浅い地震です。プレートの運動によって、日本列島にはひずみがたまります。この為、地震がたくさん起こるのです。