お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

梅雨の天気は?

梅雨の天気について、気団との関係を天気図を使って説明します。

関連キーワード:

学習のねらい

オホーツク海気団と小笠原気団が日本付近でぶつかり、梅雨前線という停滞前線ができることを知る。

詳しい内容

5月から7月にかけて、日本列島は、北海道を除いて梅雨に入ります。北の冷たく湿ったオホーツク海気団と、南の暖かく湿った小笠原気団が日本列島付近でぶつかります。この時季、この2つの気団は勢力がほぼ同じため、気団の間に停滞前線ができ、ほとんど動きません。これが「梅雨前線」です。梅雨前線付近では、帯状の雲が広がり、雨の多いぐずついた天気が続きます。