お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

音叉の共鳴

音叉が共鳴する現象を、実際に実験をおこない、検証します。

関連キーワード:

学習のねらい

音叉の共鳴現象の映像を見て、音が空気を伝わることに興味・関心をもつ。

詳しい内容

音の高さの違う音叉を、2組ずつ用意します。まずは、低い音の音叉を片方だけ叩いてみます。叩いた音叉の音を手で止めても…、音が出ています。叩いていない方の音叉が鳴っているのです。同様に、高い音の音叉でも試してみます。やはり、叩いていない方が鳴っています。一方を叩くと、空気の振動が伝わっていきます。音の高さが同じ音叉の組み合わせでは、別の方も鳴り出します。このような現象を「共鳴」といいます。では、高い音と低い音の音叉の組み合わせで試すとどうでしょう。高い音の音叉を鳴らしてすぐに止めてみます。低い音の音叉は鳴りません。このように、音の高さが異なる音叉では、共鳴は起こらないのです。