お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

日宋貿易

平安時代の終わり、平清盛は「宋」とよばれていた中国と「日宋貿易」をはじめた。大きな船が入れるよう、今の神戸に港を整備、中国からは宋銭(そうせん)などを輸入した。

関連キーワード:

ねらい

平清盛が神戸に港をつくり、中国(宋)と本格的に貿易を行ったことがわかる。

内容

平安時代の終わり、平清盛が政治の力をにぎっていました。海の向こうの大国に、目を向けていました。当時「宋」とよばれていた中国と活発に貿易を行い、大きな利益を得ようとしたのです。日宋貿易です。清盛は、京の都に近い港町に注目します。ここで、中国と貿易をしようと考えました。しかし、中国からの大きな船が入れるような、設備の整った港はありません。このままでは、中国の船は強い風を受け、荷物の積み下ろしさえできません。清盛は港づくりをはじめました。港に適した場所を選んで、うめ立て、風や波から船を守る人工の島をつくりました。こうした大がかりな工事の結果、中国の船が安心してとまれる、大きな港が完成しました。中国からは、さまざまなものが輸入されました。皿や碗などの陶磁器。中国のお金「宋銭」がたくさん日本に入ってきました。日本でお金を使って物の売り買いをするようになったのは、このころからだといわれています。