お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

楽市楽座

「長篠の戦い」で勝利をおさめ、天下統一への第一歩をふみ出した織田信長は、武力だけではなく、経済の力も天下統一には欠かせないと、商人たちに「市」の解放を行った。

関連キーワード:

学習のねらい

信長が「市」を広く開くことでどんな社会をつくろうとしていたのかがわかる。

詳しい内容

戦国時代、ずばぬけた行動力と型破りな発想で、天下統一を目指した織田信長。「長篠(ながしの)の戦い」ではこれまでにない戦法で武田軍を破り、天下統一への一歩をふみ出しました。また天下統一には、武力だけでなく、経済(けいざい)の力も必要だと考えていました。信長は、「楽市(らくいち)・楽座(らくざ)」という制度をつくります。それまで、商人たちは市が開かれる場所で自分の商品を売るときは、土地の所有者である寺などに場所代を支はらわなければなりませんでした。また組合に属していなければ店を出すことも許されていませんでした。信長は「楽市・楽座」によって、それまではらわなければならなかった税をめんじょし、だれでも自由に商売できるようにしたのです。「楽」とは、「自由」という意味です。「楽市・楽座」によって、町はにぎわいました。また、これによって信長は、商人たちを味方につけることができるようになりました。