お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

関ヶ原の戦い

岐阜県関ケ原町で、1600年、関ヶ原の戦いが行われる。秀吉なきあと誰が政権をにぎるのか、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍のもと、全国の有力大名が参加した。

関連キーワード:

学習のねらい

関ヶ原の戦いによって、徳川家康が江戸に幕府(ばくふ)を開き、全国を支配していったことがわかる。

詳しい内容

岐阜県関ヶ原町。西暦1600年。天下分け目の戦いが行われました。関ヶ原の戦いです。家康率いる東軍、約7万。対するのは石田三成率いる西軍、約8万。全国の有力な大名がまっぷたつにわれ、政治の実権をだれがにぎるのかが決まろうとしていました。これは家康が、東北の大名、伊達政宗にあてた手紙です。自分に味方すれば、領地をあたえると書いています。家康は、こうした手紙を150通以上書いていました。9月15日の朝、両軍は激突しました。家康率いる東軍もねばり強く戦いますが、三成率いる西軍が優位に戦いを進めます。その時、異変が起こります。小高い山の上にいた1万5千をこえる軍勢が突如うらぎり、西軍にせめかかったのです。形勢は逆転しました。関ヶ原の戦いは家康の勝利に終わりました。この勝利をきっかけに、家康は最も力のある大名になります。3年後の1603年、徳川家康は「征夷大将軍」となり江戸に幕府を開いたのです。