お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

江戸幕府のしくみ

260年ものあいだ、日本を治めた江戸幕府。その組織は主従関係を重要視し、藩(はん)体制を維持しながら、安定した政治を目指すしくみとなっていた。

関連キーワード:

ねらい

徳川家康(とくがわいえやす)は、古くから徳川家に仕えていた譜代(ふだい)大名や旗本といわれる家来だけを幕府の重要な役職につけ、江戸幕府の基礎(きそ)をつくったことがわかる。

内容

徳川家康が開いた江戸幕府で、将軍の直接の家臣は、「旗本」と「御家人」とよばれる人たちでした。ふだんは、江戸や大坂など幕府が直接治める地域で、将軍を守る仕事についたり、役人として働き、幕府を支えていました。一方、全国各地を治めるのは大名たちです。大名を支配するしくみもつくりました。大名とは、将軍から1万石以上の領地をあたえられ、将軍と主従関係を結んだ武士のことです。その数、全国で約200。大名の領地とその領地を治めるしくみを「藩」といいます。幕府は、大名を3種類に分けました。徳川家の一族である「親藩」、先祖代々徳川家に仕えてきた「譜代」、関ヶ原の戦いののちに家臣となった「外様」です。政治のしくみも整えられました。将軍のもと、政治を行うのは「老中」。老中のもとで「奉行」が仕事を分担しました。これらの役職には、旗本や譜代大名が選ばれました。江戸幕府は、260年ものあいだ、日本を治めたのです。