お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

富岡製糸場

1872年、明治5年に「官営模範工場」として日本ではじめての機械による製糸工場、「富岡製糸場」がつくられた。生糸の大量生産が可能になり重要な輸出品となった。

関連キーワード:

学習のねらい

政府が富岡(とみおか)に官営模範工場をつくったことがわかる。

詳しい内容

群馬県富岡(とみおか)市。日本ではじめての機械製糸工場、富岡製糸場(とみおかせいしじょう)です。絹(きぬ)の糸、生糸をつくっていました。1872年、明治5年に「官営模範工場(かんえいもはんこうじょう)」としてつくられました。それまで、生糸は主に女性が手作業でつくりだしていましたが、その生糸が、広く外国と貿易をはじめた日本の重要な輸出品となりました。そこで、最新式の機械をそろえた大規模(だいきぼ)な製糸工場をつくり、生糸の生産を質・量ともに高めようとしたのです。長さが100メートルをゆうにこえるレンガづくりの建物に、じょう気で動くヨーロッパの機械が300台設置されました。その後、経営は政府から民間に移り、昭和62年まで100年以上にわたって生糸を生産し続けました。生糸を売ったその利益で、工場の機械や軍艦(ぐんかん)などを買う資金を外国から得ることができました。