お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

北里柴三郎

医学者で細菌学者の北里柴三郎。ドイツに留学し、ロベルト・コッホの下で研究を行う。ここで「破傷風菌」の研究に取り組み、「血清療法」を生み出す。

関連キーワード:

ねらい

北里柴三郎がドイツに留学して、破傷風菌の研究に取り組み、「血清療法」を考えだし、国際的に活躍したことがわかる。

内容

医学者で細菌学者の北里柴三郎。北里が熊本で生まれたのは1853年。日本が開国すると、コレラやチフスなどの伝染病も日本に入ってきたのです。北里は、今の東京大学医学部を卒業後ドイツに留学。北里は「破傷風菌」の研究に取り組み、成果をあげます。さらに「血清療法」を考えだしました。この実験で、破傷風菌が出す毒素を動物に注射します。すると死ぬものと、病気にならないものに分かれました。病気にならなかった動物を調べると、血液の中に、破傷風菌が出す毒素を消す成分が見つかりました。その成分を病気の人に注射しました。すると病気が治ったのです。この血清療法はコレラやチフス、赤痢などの治療に取り入れられました。日本にもどった北里は、伝染病研究所をつくり、多くの細菌学者を育てました。その一人が、赤痢菌を発見した志賀潔。志賀は、「赤痢菌」を世界ではじめて発見しました。また、細菌学者、野口英世も北里に学んだ一人です。