ねらい

通信手段の変遷について考える

内容

戦後間もなく登場した紙幣でかける公衆電話は料金が自己申告制だったため、料金箱には硬貨や、ボタンなどがたくさん放り込まれる状態でした。そこで1953年に電電公社は料金のごまかしができない、10円玉でかける硬貨式の公衆電話を導入しました。

硬貨式公衆電話登場
1953年硬貨式の公衆電話が登場しました
関連キーワード:
公衆電話 硬貨