お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

寺子屋と塾

平穏な時代をむかえ人びとの中に読み書き、そろばんを学ぼうとする。子どもたちは「寺子屋」で学び、江戸時代の終わりには、子どもから大人まで教育を受けるしくみが整う。

関連キーワード:

ねらい

町人や農民のあいだで読み書きを習う「寺子屋」や、下級武士や農民出身の若者(わかもの)たちが高い教養を身につけるための「塾」ができ、教育を受けるしくみが整い、教育水準が高まったことがわかる。

内容

戦のない世が続き、商業や文化が発達した江戸時代。町人や農民のあいだで、読み書きそろばんを学ぼうとする意欲が高まってきました。これは、「寺子屋」のようす。「寺子屋」は農民や町人などの子どもたちが勉強する所です。先生は、武士や医者、寺の僧などの大人。習字の墨をすっている子。本を読んでいる子。けんかをしている子もいます。「寺子屋」は江戸や京都ではじまり、やがて全国各地へと広がっていきました。一方、大人が高い教養や知識を身につける場も、つくられました。そのひとつが「適塾」です。医師で蘭学者の緒方洪庵が大坂で開きました。「適塾」では、若者たちがオランダ語や西洋の文化について学びました。武士の吉田松陰は今の山口県で「松下村塾」を開きました。下級武士や農民出身の若者たちが集まり、日本のあり方について学び、考えました。江戸時代が終わるころには、子どもから大人まで教育を受けるしくみが整っていたのです。