お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

卑弥呼と親魏倭王

卑弥呼は、魏に使いをおくり、「親魏倭王」の称号をもらいました。

関連キーワード:

ねらい

卑弥呼がどうして魏に使いを送ったのかを知る。

内容

239年、卑弥呼は、当時、中国で勢いのあった魏へ使いを送ります。使いのお礼として卑弥呼は魏から、「日本の王」を意味する「親魏倭王」の称号をあたえられます。さらに、銅で作られた鏡「銅鏡」をもらいました。魏の皇帝は、「国じゅうの人に鏡を示し、魏が後ろ盾にあることを知らせなさい」と言ったとされます。日本各地の王の墓から見つかる銅鏡は、卑弥呼が配ったのではといわれています。卑弥呼は、魏を後ろ盾にして、自分の力を知らしめたのです。