お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

武士

武士の誕生と、武士が貴族をしのぐ立場になるまでを描く。

関連キーワード:

ねらい

武士の誕生と武士が力を持つまでを紹介する。

内容

今から850年ほど前の平安時代。土地を切り開き、農業などをして暮らす人々のなかには、領地を守るために武芸にはげむ者がいました。こうした人々を「武士」とよびます。この時代、政治の中心を担っていたのは天皇や貴族でした。武士の地位は低く、便利なボディガードとしてやとわれていました。争いのとき、貴族にとっては武士の力がたよりでした。やがて、武力を増した武士は、貴族をしのぐ立場になっていきます。