お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

頼朝の約束

平清盛の政治に武士たちのあいだで不満が高まる。頼朝は、「領地支配の権利を与える」と武士に呼び掛け、平氏打倒に立ち上がった。

関連キーワード:

学習のねらい

平氏打倒に立ち上がった源頼朝がどのようにして武士を味方にしたのかを学ぶ。

詳しい内容

政権をにぎった平清盛は上級貴族となり、思うままに政治をあやつっていました。武士たちのあいだで不満が高まります。「今こそ平氏をたおし、武士の世を作る時だ」。頼朝は立ち上がります。しかし、なかなか味方は集まりません。そこで頼朝が目を付けたのは、「土地」でした。当時、平氏は全国に勢力をのばし、多くの武士が、先祖代々の土地をおびやかされていたのです。武士にとって領地は何よりも大切なはず。頼朝は関東の武士たちに、「味方してくれたら領地を支配する権利をあたえる」とよびかけます。