お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

ご恩と奉公

「土地」を仲立ちにした「ご恩と奉公」で頼朝と御家人は強く結びついていた。

関連キーワード:

学習のねらい

ご恩と奉公で成り立つ幕府の主従関係を理解する。

詳しい内容

頼朝に仕える武士は、「御家人(ごけにん)」とよばれていました。頼朝は、戦で活躍(かつやく)した御家人に領地の支配を認めました。これを「ご恩」といいます。ご恩に対し、御家人は、何かあれば“いざ鎌倉”とかけつけ、戦うことをちかいます。これを「奉公(ほうこう)」といいます。「土地」を仲立ちにした、頼朝と御家人の強いつながり。それが「ご恩と奉公」でした。