お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

職人の誕生とにぎわう町

室町時代になると職人が誕生。職人が作った品物が市で売られるようになり、経済活動が活発になった。

関連キーワード:

ねらい

室町時代に誕生した職人によって、室町の経済活動が大きく広がったことを絵図などを通して知る。

内容

室町時代の職人たちを描いた絵です。下駄を作る人、傘に油を塗っている人もいます。布を広げている女性は織物を専門にしています。こうした手作業で物を作る人を表す「職人」という言葉は、室町時代に生まれました。農作物や、職人が作った製品は、都や各地の「市」で売られました。そこでは、明との貿易で入ってきた中国の貨幣が使われることも多くなりました。京都の町では、貨幣による物の売り買いが盛んでした。土倉、酒屋と呼ばれる裕福な商人、そして寺院が金融業を営みました。お金を貸し、利子を取ることで大きな利益を得ます。室町時代には、都市をはじめ、各地で経済活動が活発になっていったのです。