お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

アゲハチョウのそだち方

アゲハチョウの産卵からよう虫、さなぎ、成虫になるまでをまとめて観る映像です。

関連キーワード:

ねらい

昆虫の育ち方には一定の順序があることをとらえる。

内容

アゲハチョウのメスが、卵を産んでいます。アゲハチョウの卵は、ミカンやカラタチなどの葉に産みつけられます。生まれてきた幼虫は、親とは全くちがう姿をしています。幼虫は、生まれるとすぐ卵の殻を食べます。やがて幼虫は、卵が産みつけられた、ミカンやカラタチなどの木の葉を食べ始めます。幼虫は、大きくなると皮を脱ぎます。四回目に皮を脱ぐと、緑色の幼虫になりました。緑色の幼虫になってからは、食べる量がとても多くなります。大きくなった幼虫は、さなぎになります。その様子を、時間を縮めて見ています。さなぎになると、ほとんど動かなくなります。そして、いよいよ成虫になるときがやってきました。はねをもったチョウへの大変身です。縮まっているはねを、少しずつ広げていきます。成虫となったチョウは、もう葉は食べません。花のみつなどを吸うのです。