お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

クモの糸

クモが体から出す糸の出し方や糸の使い方を詳しく紹介します。

関連キーワード:

学習のねらい

生物の体のつくりの特徴と自然とのかかわりについて興味・関心をもつ。

詳しい内容

クモは糸を作り出す生きものです。お尻に糸を出す突起があります。お腹の中にある粘液が突起から空気中に出ると固まって糸になります。クモは使い道に応じ数種類もの糸を出します。カイコも糸を出しますが、一種類だけです。お尻の突起に、何百本も並んだ細い管から糸が出てきます。クモの糸には粘り気があり、丈夫です。網の中心から放射状にのびているのがタテ糸。らせん状に巻いているのがヨコ糸です。ヨコ糸には小さなタマがついています。クモが出した強力な粘液の固まりです。一方タテ糸には粘液のタマがついていません。クモは網を移動する時、このタテ糸を利用します。昆虫がクモの網にとらえられるのはヨコ糸についている粘液の固まりです。クモの糸は、卵をうみつける場所にも使われます。糸の揺り籠に育てられた子グモが世界に旅立つ時も糸が役立ちます。子グモは糸を風に流し空中に舞い、分散しす。クモは生活の場で糸を活用しているのです。