お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

よう岩の性質と火山の形

雲仙普賢岳と富士山の岩石を溶かして粘度を調べる映像です。

関連キーワード:

ねらい

火山の噴火の特徴と土地の変化のかかわりをとらえ興味・関心をもつ。

内容

雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)と富士山のよう岩の性質を比べてみましょう。まず、よう岩を細かくくだき、容器に入れます。これを電気炉(でんきろ)の中で1500度に熱してとかします。最初に富士山のよう岩です。容器をかたむけると、よう岩は流れ出ました。次に雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)のよう岩です。かたむけても流れてきません。棒を使って、とかしたよう岩を取り出してみると、ねばりけの強いよう岩です。このように、よう岩にはねばりけの強いものと弱いものがあるのです。ねばりけの弱いよう岩は、火口からあふれ、次々と流れ出します。一方、ねばりけの強いよう岩の場合は、流れ出ることはめったにありません。火口ふきんでよう岩が固まって盛り上がり、よう岩ドームを作る事があります。