お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

人命救助で役立ったバール

ロッカーの下敷きになった人をバールを使って救助する方法を見る映像です。

関連キーワード:

学習のねらい

てこの働きや仕組みを使った道具や使い方に興味・関心をもつ。

詳しい内容

平成7年1月17日、兵庫県南部地震が起きました。この地震で多くの人がたおれた建物の下じきになってしまったのです。この救助作業で、1本の鉄の棒が役に立ちました。これがその鉄の棒、バールです。このバールをどのようにして使い、人々を助け出したのでしょうか。人命救助をした時の様子を再現してもらいました。ロッカーがたおれ、人が下じきになっています。まず、ロッカーの下にバールを差しこみ、バールのはしを持ち上げます。または、支えになる物を用意してバールを差しこみ、バールのはしを押し下げます。このようにして、できたすき間にジャッキを入れて持ち上げます。バールを使うことで人を助け出すことができたのです。