ねらい

木の枝を伝わる小さなムシの足音を聞き、固体が音を伝えることを知る。

内容

マイクを近づけると大きくなる音。手すりの金属を伝わってきた音です。不思議な音が聞こえてきました。この音は・・・ワラジムシの足音です。枝を伝うたくさんの足の音。いったいどんな仕掛けで、かすかな音をとらえているのでしょう。枝に接しているのが、音をとらえているマイク。NHKが開発した昆虫マイクです。枝を伝わってきた、かすかな足音を小さなピンの先でとらえています。これがその内部。敏感なピンの先で振動をとらえます。今度はテントウムシ。ピンを枝の先にくっつけて…。

固体を伝わる音-中学
木の枝を歩く虫の足音を高感度のマイクでとらえます。この音は、木の枝を伝わってマイクに届いているのです。虫が飛び立つときの音も聞こえます。
関連キーワード:
オト シンドウ コタイ マイク