お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

ビーカーの製造-中学

融けたガラスに空気を吹き込みながら、金型にはめ込みます。冷えて固まると形ができます。注ぎ口を作ればできあがりです。

関連キーワード:

ねらい

ビーカーの製造工程を観察し、実験器具に興味を持つ。

内容

機械でビーカーを作る様子を見てみましょう。溶けたガラスが、つきたてのおもちのように炉から出てきます。出てきたガラスを回転させ、形を整えます。上から空気を吹き込みながら金型にはめ込みます。金型の中でガラスは冷えて固まり、形ができます。加工はさらに続きます。形になったガラスを加工します。丸く傷を付けて、その部分を熱します。下の方を叩くと、傷の部分からきれいに切り落とされます。注ぎ口を作ればできあがりです。