お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

梅雨前線の雲-中学

6月。気象衛星の映像を見ると、日本付近に梅雨前線に伴う帯状の雲が見えます。梅雨前線の近くでは、層雲や乱層雲が低く垂れ込め、雨の降りやすい日が続きます。

関連キーワード:

学習のねらい

梅雨時の気象衛星の画像を見て、梅雨前線と雲の発生を関連付けてとらえる。

詳しい内容

6月。気象衛星の映像を見ると、日本列島の辺りに帯状の雲がいつもあることがわかります。梅雨前線に伴う雲です。この雲を地上で観察してみましょう。梅雨前線の近くでは、層雲や乱層雲が低く垂れ込め、雨の降りやすい日が続きます。例年では7月中ごろになると梅雨前線が北へ押し上げられて移動し、日本列島が太平洋高気圧に覆われると、梅雨が明けます。