お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

トタテグモの早わざ

雑木林に住むトタテグモの食べ物の捕り方や巣のつくり方などを紹介します。

関連キーワード:

ねらい

生物の体のつくりの特徴や食べ物などに興味・関心をもつ。

内容

雑木林の土の露出した斜面です。丸いフタのようなものが動きました。キシノウエトタテグモのワナです。ダンゴムシを捕らえ、中に引っ込みました。すき間から様子をうかがい、獲物の接近を待っていたのです。トタテグモは、夜活動します。体長約1.5cm。丸いフタのようなものは開閉できる扉です。激しい雨が降った後、扉が壊れてしまいました。巣穴の中でトタテグモは扉の修理です。お尻の先の糸イボから出る、粘り気の強い糸が接着剤です。足で小石をつかむと、あお向きになり、糸をつけた部分に押し付けます。石は糸にからまり、柔軟性のある扉が出来ます。直径1cmほどの扉の完成に一晩かかりました。今度は、巣穴の補修に移りました。大きな石を持ってきました。巣穴を広げ、深さ5cmほどまで掘り下げます。巣穴も完成。扉を押し上げ、中から辺りの様子をうかがいます。ときには反撃を受けながら、地中のハンター、トタテグモは狩りをします。