お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

びんのリサイクル

回収されたビンは色ごとに分けてゴミをとりのぞいた後、砕き、溶かされて新しいビンになることを見る映像です。

関連キーワード:

ねらい

地域の廃棄物の処理の様子を知り、リサイクルされることでどんな製品ができるのかを知る。

内容

ガラスびんの多くはリサイクルされています。回収されたびんは、資源選別センターに運ばれます。ここでは缶や陶器など、びん以外のごみが取り除かれます。次にびんの色の違いによって分けていきます。びんを溶かした時に、色がまじらないようにするためです。色分けされたびんは、中にまじっている金属や紙を取り除く工場へ運ばれます。まずびんを砕き、付けっぱなしのキャップや陶器の破片など、びん以外のごみを手作業で取り除きます。次に磁石を使って、鉄でできたふたなどを取り除きます。続いて水洗いし、こすり合わせながら、のり付けされたラベルをはがします。最後は再び手作業で、機械では取りきれない小さなごみを取り除きます。こうしてきれいに細かく砕かれたびんは溶かされて、新しいびんに生まれ変わるのです。