お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

じょう水場のしくみ

浄水場では水の汚れを取り除くため、沈殿、ろ過、消毒という作業を行い飲み水として家庭に届けます。

関連キーワード:

ねらい

地域の人々の生活にとって必要な飲料水の確保のため、計画的、協力的に事業が進められていることを知る。

内容

浄水場は、水をきれいにして水道水を作るところです。川から取り入れた水には、泥や砂などの小さな汚れがまざっていて、そのままでは飲むことができません。飲めるようにきれいにするため、まず「沈殿」とよばれる作業を行います。水の中の泥や砂などの汚れを沈めて取りのぞく作業です。よごれが沈殿する様子を、ビーカーの中で再現してみましょう。薬品を入れてかき回すと、細かい汚れが集まって、下に沈んでいきます。上のほうにはきれいになった水が残ります。次はろ過という作業です。沈殿で沈まなかった汚れを取りのぞきます。池の底には、大きさの違う砂がしきつめられています。水が上から下に通ることで、細かい汚れが取りのぞかれます。最後は消毒です。塩素という薬をまぜて、さらに水をきれいにします。こうしてできた飲み水が、水道管を通って、学校や家などに送られています。