お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

太閤検地のねらい

年貢は田畑の面積に応じて決まります。天下を統一した豊臣秀吉は、より多くの年貢を取るために全国の田畑の測量を行いました。そのしくみを説明します。

関連キーワード:

学習のねらい

豊臣秀吉がより多くの年貢をとるために行った太閤検地について知ることができる。図から秀吉が行った太閤検地の特徴を読み取ることができる。

詳しい内容

天下を統一した豊臣秀吉は、より多くの年貢をとるための仕組みを考えました。年貢は、田畑の面積に応じて決まります。そこで秀吉は、役人を派遣して全国の田畑を測量する、太閤検地を行ないました。そして田畑ごとに、持ち主と面積を記した台帳を作りました。同じ土地について、以前の領主が行なった検地と、太閤検地の記録が残っています。以前の領主の時は、今で言えば12アールの面積を基準に、年貢を決めていました。秀吉は、その基準を10アールに改め、そこから同じだけの年貢をとりました。さらに残りの部分からも、年貢をとったのです。