お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

マダイの養殖(ようしょく)

和歌山県の白浜町ではマダイの養殖が盛んです。単に稚魚を大きくなるまで育てるだけでなく、新品種の開発も行っている、その様子を紹介します。

関連キーワード:

ねらい

マダイの養殖にたずさわる人々の工夫や努力について考える。生産効率を高めるための技術開発が行われていることに関心を持つ。

内容

和歌山県の白浜町では、マダイの養殖が盛んに行なわれています。岸から2~300mの入り江に、養殖のいけすが並んでいます。ひとつのいけすには4000から5000匹のマダイがいます。この養殖場では、品種改良も行なっています。早く成長するマダイどうしを交配させて、新しい品種をつくりました。天然のマダイに比べて、半分の期間で成長します。より味のよいマダイを作ることも試みられています。人の手で魚を育てる漁業、養殖の技術開発が日本の各地で続けられています。