お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

土俵祭り

日本の国技である大相撲で、初日の前日に催される土俵祭り。行司が祝詞をあげ、土俵の真ん中に縁起物を埋め、お神酒を注いで、無事と繁栄を祈願します。

関連キーワード:

学習のねらい

大相撲で場所が始まる前日に行われる「土俵祭り」についてわかる。場所の無事と繁栄のために伝統を大切にする人々の気持ちを感じ取ることができる。

詳しい内容

大相撲では、場所が始まる前日に土俵祭りを催します。行司が祝詞(のりと)をあげます。米、かち栗、昆布などの縁起物(えんぎもの)を用意します。土俵の真中に穴をほって、お神酒(みき)を注ぎ、縁起物を埋めます。こうして、無事と繁栄を祈願して、大相撲の場所は始まるのです。