お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

江戸時代のリサイクル

江戸時代は、物を大切にし、徹底的に使うリサイクル型社会でした。当時の職業を紹介した文献には、鍋、釜、古着など修理の専門業者が数多く登場します。

関連キーワード:

学習のねらい

リサイクル型の社会だったと言われる江戸時代の庶民の暮しを知ることができる。江戸時代と現代の暮しがどのように違うのかを考えるきっかけとなる。

詳しい内容

江戸時代の庶民の暮しは、リサイクル型の社会だったのではないかと言われています。当時の職業を紹介した文献には、修理の専門業者が数多く登場します。鍋や釜を直す人。古い傘の骨を新しく作り直す人。古着を集め、それを売る人もいました。物を大切にし、徹底的に使うことで、自然にリサイクル社会ができていたのです。