お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

養殖の海を自然の力で美しく

愛媛県の宇和湾では、タイやヒラメ、アワビの養殖が盛んです。赤潮の被害を防ぎ、海を汚さないために、自然のサイクルを利用しています。

関連キーワード:

ねらい

赤潮を防ぎ、海を汚さない養殖のために自然のサイクルをうまく利用した養殖法があることを知る。

内容

愛媛県の宇和湾。鯛やヒラメ、アワビの養殖が盛んに行われています。ここでは、海をきれいにするためのさまざまな試みが始まっています。きっかけはたびたび発生し、大きな被害をもたらす赤潮でした。赤潮は、海の中で窒素やリンが増え、プランクトンが発生すると起こりやすくなります。窒素やリンが増える原因のひとつに、養殖によるエサの食べ残しや、魚の排泄物などが上げられます。赤潮の被害に悩む養殖関係者がまず注目したのが、海の窒素やリンを栄養分とするコンブでした。いけすの脇に、コンブの胞子をつけたロープを吊るして育てています。その他、アワビのかごの中にナマコを一緒に入れて育てる試みも始めました。海の中ではアワビはコンブを食べ、窒素やリンを含んだフンを出します。そのアワビのフンをナマコがエサとして食べます。コンブとアワビとナマコ。生き物たちの自然のサイクルを利用した、海を汚さない養殖の試みが始まっています。