お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

インフレとデフレ

インフレーションとデフレーションという言葉を聞いたことがあるでしょう。これらは経済を考えるための基本用語です。

関連キーワード:

ねらい

インフレーションとデフレーションの基本概念を理解する。またバブル以降の日本経済の現実も考察する。

内容

経済は好況と不況を繰り返します。好況時には生産が拡大し、賃金が上昇します。一方、不況になると生産が縮小し、賃金も下落します。商品が大量に売れるため物価が上がり、実質的なお金の値打ちが下がってしまう事をインフレーション、インフレといいます。物価に従って賃金も上昇しますが、賃金の上昇が遅れるため、生活が苦しくなり、経済活動が停滞すると、消費が低迷し、物価が下がります。この現象がデフレーション、デフレです。90年代に入り、バブル経済の崩壊によって、地価や株価が下落し、デフレに落ち込んでしまいました。デフレになり、消費が低迷すると、物価が更に下がり、企業の売り上げが減少するため、倒産やリストラが増え、よりお金が動かなくなります。この悪循環をデフレスパイラルといいます。経済をデフレから立て直すには、減税を行ったり、公共事業への支出を増やしたりして、生産や消費活動を活発にしなければなりません。