お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

バブル経済

「バブルがはじけた」という表現を知っていますか。1990年前半、地価や株価が急騰しました。バブルとは何でしょう。

関連キーワード:

ねらい

1980年代の後半から90年代にかけてのバブル経済と、その後のデフレスパイラルについて知る。

内容

1980年代の後半から90年代にかけて、銀行や企業の膨大な資金が土地や株の購入にまわり、地価や株価が泡が膨らむように上昇。これをバブル経済といいます。なぜ、こんな状態になったのでしょうか?85年、日銀は、円高不況を打開しようと、公定歩合を2.5%に引き下げました。すると、不動産会社などが低金利で融資を受け競って、土地や株の投資に走った結果、地価や株価が何倍にも上がりました。しかし、90年以降、公定歩合の引き上げなどから、地価や株価が暴落し、バブル経済は崩壊。金融機関は、貸し付けたお金を回収できず、不良債権を抱え、経営破綻に陥りました。銀行は資金の貸し出しに慎重になり、資金不足で倒産する企業が相次ぎました。企業の生産、投資が落ち込み、消費も振るわず、長い不況・デフレスパイラルに落ち込みました。その後、IT産業の発展などにより、明るい兆しがみえてきましたが、まだ十分に立ち直ってはいません。