お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

古事記と日本書紀

「古事記」をはじめとして、公式の歴史書が作られました。

関連キーワード:

学習のねらい

国家の手によって、歴史を記述する事が始まった事を知る。

詳しい内容

「古事記」は、712年、太安万侶によって献上された、日本最古の歴史書です。天武天皇に仕える稗田阿礼(ひえだのあれ)が暗誦していた「天皇の系譜」と「古い伝承」を書き留めて、編纂されたものとされています。「誰が何をしたか」に重点を置いて書かれているのが、古事記の特徴です。序文に続いて日本神話が書かれた「上巻」、15代・応神天皇の時代までを書いた「中巻」、16代・仁徳天皇から33代・推古天皇までを記録した「下巻」の3巻からなっています。古事記に続いて、720年には「日本書紀」が完成しました。舎人親王(とねりしんのう)らの手になるもので、「いつ、何があったか」をポイントに、年代順に出来事を記録しています。日本書紀のあとを受けて、「続日本紀」「日本後紀」「続日本後紀」「日本文徳天皇実録」「日本三代実録」と、同じ形式の歴史書が作られました。この6つの歴史書をまとめて、「六国史」と呼んでいます。