お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

島原・天草一揆

キリスト教徒による大規模な反乱が起こりました。

関連キーワード:

学習のねらい

厳しいキリスト教弾圧への反抗から、大規模な反乱が起こった事を知る。なぜ、このような大きな乱になったのかを考える。

詳しい内容

1637年、九州の島原と天草で、大規模な一揆が発生しました。いずれも、元は「キリシタン大名」が治めていたところで、多くのキリスト教信者が住んでいました。しかし、新しく入ってきた藩主は、キリスト教を弾圧し、重い年貢をかけました。これに飢饉の被害が加わり、ついに民衆が立ち上がったのです。一揆の総大将は、キリスト教信者で宗教的カリスマ性を持っていた「天草四郎」という10代半ばの少年でした。四郎は、3万人を超える民衆を率いて天草の原城(はらじょう)に立て籠もり、幕府や藩の軍勢と戦いました。この時、民衆側が掲げた旗が、今も残っています。血の痕や、鉄砲の弾であいたと思われる穴が、戦いの激しさを物語っています。事態を重く見た幕府は、キリスト教の弾圧を、さらに厳しくしていきました。