お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

八幡製鉄所

近代化を進めるため、官営の製鉄工場が建てられました。

関連キーワード:

ねらい

工業の近代化を目指して、政府直営の工場が造られた事を知る。

内容

福岡県北九州市にある八幡製鉄所は、官営の製鉄所として1901年に操業を開始しました。八幡製鉄所は、「富国強兵」「殖産興業」を進める明治政府によって建てられた製鉄所です。明治初期の日本は、繊維産業などの軽工業に比べ、鉄鋼業などの重工業は立ち遅れていました。日清戦争後、鉄道の建設や軍備増強のために鉄の需要が高まります。輸入に頼らず、国内で鉄を生産できるようにすることが急がれたのです。建設場所には、北九州の八幡が選ばれました。原料の鉄鉱石を運ぶための交通の便がよく、また燃料となる石炭の産地も近かったからです。1897年、ドイツから機械を輸入し、ドイツ人技術者を招いて、製鉄所建設が始まりました。1901年に生産が始まり、拡張工事を重ねて、1927年には100万トンの鉄を作れるようになりました。八幡製鉄所は日露戦争や第一次世界大戦などの軍備の増強や、近代産業の育成といった事業を支えていったのです。