お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

第二次世界大戦

ヨーロッパで戦争が始まり、やがて世界最大の戦争に発展します。

関連キーワード:

ねらい

世界を巻き込んだ大戦争がなぜおこったのか、考える。

内容

1939年9月1日、ドイツがポーランドに攻め入りました。その2日後、イギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まります。開戦当初、ドイツは破竹の勢いで勝ち進んでいきました。1年足らずのうちに、イギリスを除く西ヨーロッパのほぼ全体を制覇したのです。1940年6月、イタリアが、イギリスやアメリカに対して宣戦布告。戦場は、バルカン半島や北アフリカにも広がりました。また、アジアでは日本が、フランスの植民地となっていたインドシナ半島に軍を進めていました。日本、ドイツ、イタリアは、1940年9月に「三国同盟」を結び、つながりを強めていきます。第二次世界大戦は、南北アメリカ大陸を除くほとんどの地域を戦場とする、史上最大の戦争へと広がっていくのです。