お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

アメリカの農業

アメリカは世界最大の農業生産国です。広大な土地を利用し、各地の自然環境に合わせた大規模な農業が行われています。

関連キーワード:

ねらい

各国の農業生産の特色を知り、自然的、社会的条件との関わりを考える。

内容

アメリカは世界最大の農業生産国です。大豆の生産量は、世界1位。とうもろこしの生産量も世界1位です。また、牧畜や放牧も盛んで、牛肉の生産量は、世界1位です。アメリカでは、気候や土壌など各地の自然環境に合わせて農作物や家畜が育てられています。こうした農業のあり方を「適地適作」と言います。西経100°を境に西と東で降水量が異なり、西側では牧畜、東側では畑作が主に行われています。近年は、農業に様々な技術を導入して産業化するアグリジビジネスが盛んになっています。この工場では、土を使わない栽培方法でハーブ類や野菜を250種類栽培しています。温度管理や水の供給は、全て自動で行われ、種を蒔いてから2週間で収穫できます。気候に左右されずに野菜を安定して栽培できるのが特徴です。また、とうもろこしで作る再生エネルギーの生産も進められています。