お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

日本の地形

山地の多い日本の地形について、解説します。

関連キーワード:

学習のねらい

日本を形作っている、大地形について知る。

詳しい内容

日本列島は、環太平洋造山帯の一部に属しています。そのため、全体に山地が多い地形で、火山や地震の活動が多い地域です。日本の国土のおよそ3/4は、山地や山脈になっています。本州の中央部、飛騨、木曽、赤石などの山脈があります。3000メートル前後の山々が連なり、日本アルプスと呼ばれています。この中部地方より東側では、南北方向に連なる山脈が多く見られます。一方、関西から西側では、ほぼ東西方向に山が連なっています。日本の河川は、世界の大陸の河川に比べて、流域面積が小さい上に短く、季節によって水量の変化が激しいため、しばしば洪水を起こします。山間部では、山崩れも起こりやすく、堰を造って土砂の流出を防いだり、ダムによって水量の調整を行ったりしています。日本の平野は、主にこれらの河川の侵食作用と堆積作用によってつくられました。また、川が山地から平地に出たところには扇状地が、河口部には三角州が出来ます。