お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

日本の気候

ほとんどが温帯に属する日本ですが、地域によって、気候には違いがあります。

関連キーワード:

ねらい

日本国内の気候の違いを知り、地域ごとの生活や文化の違いへの影響を考える。

内容

日本列島は、そのほとんどが温帯に属しています。しかし南北に細長い日本は緯度の差が大きいため、北と南では気候が大きく異なります。冬の気温がとても低くなる北海道は、冷帯の気候です。一方、琉球諸島や小笠原諸島など、南の地域では、亜熱帯の気候ともよばれます。また日本列島には高い山々が連なる山脈があります。そのため太平洋側、日本海側など地域によって平均気温や降水量などが異なり気候に大きな違いがみられます。日本の四季に大きく影響するのは季節風です。冬は、大陸からの冷たい風が吹きます。そのため日本海側は寒くなり、雪が降ります。北海道には流氷が押し寄せます。オホーツク海沿岸では、春先まで流氷に閉ざされます。夏は、太平洋からの湿った風が吹きます。そのため梅雨や秋雨と呼ばれる、雨が多く降る時期があるのです。