お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

足尾鉱毒事件

近代化の中、公害も発生しました。

関連キーワード:

ねらい

工業の発達の陰で、公害が深刻化した事を知る。

内容

足尾銅山は、明治時代、国内一の産出量を誇る銅山でした。しかし、その一方で、日本の公害問題の原点とも言われる鉱毒事件でも知られています。銅を取り出す時に発生する化学物質が渡良瀬川に流れ込み、魚の大量死を招き、流域の農作物にも大きな被害を与えました。こうした状況に対して、周辺住民の抗議運動が高まっていきます。その中心は、地元出身の衆議院議員・田中正造でした。田中正造は、この問題を国会で取り上げたり、各地で演説を行って、国民の関心を向けさせようとしました。1901年には、明治天皇に直訴するという事件も起こしています。田中正造の努力の結果、政府は調査委員会を組織し、鉱毒防止令を制定しましたが、大きな効果はありませんでした。その後も、鉱毒被害の科学的調査が進まないまま、1973年、足尾銅山は閉山しました。現在、人々の努力により、足尾の山々には緑が甦りつつあります。