お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

4分でわかる!? 宇宙138億年

宇宙138億年の歴史を4分で解説するCG映像です。

関連キーワード:

学習のねらい

宇宙の誕生からこれまでの歴史のおおまかな流れを4分間で俯瞰する。

詳しい内容

"138億年前、宇宙は「ビッグバン」と呼ばれる大爆発によって誕生し、そこには水素やヘリウムなどのガスがありました。星は、こうしたガスの塊から生まれるのです。ビッグバンから数億年後、宇宙最初の星が生まれます。この星は太陽の40倍もの重さがある巨大な星で,数百万年後、大爆発「超新星爆発」をおこします。星が誕生し、やがて大集団、銀河になります。地球のような惑星も、恒星の周りに生まれていきます。私たちの太陽系が誕生したのは、今からおよそ50億年前です。天の川銀河は、端から端まで10万光年,最新の研究では、こうした銀河が宇宙には1千億個以上あると考えられています。望遠鏡を使うと、遙か彼方の銀河まで、見ることができます。実はこうした星の光は、長い長い年月をかけて地球に届いたものなんです。"