お困りの際には、「困ったときは…」をご覧ください。

ブラボー音楽実験「きらきらぼし」

「きらきらぼし」を、音符の種類を変えて演奏するとどうなる?

関連キーワード:

学習のねらい

「音符」の種類と音の長さの関係について、楽しみながら学ぶ。

詳しい内容

音符には音を出す長さによってさまざまな種類があります。音符の種類を変えて、きらきら星を演奏してみます。まずは「全音符」で。続いて「二分音符」で。「四分音符」「八分音符」「十六分音符」。テンポは一定なのに、音符の種類が変わるごとに、どんどん「倍の速さ」になっていきます。最後は「三十二分音符」で盛り上がってブラボー!!