卑弥呼~むらからくにへ~

印刷

どうがを見る

オープニング

オープニング

(オープニングタイトル)

オープニング

scene 01 1800年前のなぞの女王

卑弥呼(ひみこ)は、今から1800年ほど前に日本にいた、なぞの女王です。卑弥呼が得意だったのは、「まじない」です。卑弥呼が生きていた時代はどんな時代だったのでしょうか。

オープニング

scene 02 ドキリ★女王・卑弥呼が乱れたくにぐにをまとめた

卑弥呼が初めて登場するのは、中国の歴史書の『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』です。そこには、3世紀ごろに日本の邪馬台国(やまたいこく)を治めた女王のことが書かれています。当時の日本は「倭国(わこく)」といい、数十の国々から成っていました。各地で争いが起こり、大きく乱れていたといいます。そこへ、一人の女性が王として立てられます。卑弥呼です。「鬼道(きどう)」とよばれるまじないの力を使い、女王・卑弥呼が乱れたくにぐにをまとめ、治めたのです。

オープニング

scene 03 各地の争いの原因は?

なぜ、日本の各地で争いが起こっていたのでしょうか。弥生時代のものとされる佐賀県の「吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)」。ここには当時の建物のほか、水田も再現されています。水田で作られるものといえば…米。実はこの「米」が、争いの原因になったのです。この時代、中国からもたらされた米作りの技術が発達しました。人々をまとめる指導者が現れ、計画的に米を作るようになります。そして人々は定住し、「むら」を作ります。米を保存する技術も生まれ、安定して食糧(しょくりょう)を確保できるようになりました。

オープニング

scene 04 ドキリ★むら→くにへと変化した

その一方で、米作りに欠かせない水や土地をめぐって、むら同士で戦いが起こります。戦いの名残りは、吉野ヶ里遺跡にも見ることができます。見張り用のやぐらや、敵の侵入(しんにゅう)を防ぐための深い濠(ほり)。戦いでなくなったとされる人の骨には、骨のあいだに矢じりが残っているものもあります。やがて、争いに勝ったものがむらを従えて大きくなっていき、くにを形作るようになります。卑弥呼の生きた日本、それは、米作りをきっかけに、むらがくにへと変化していった時代でした。

オープニング

scene 05 卑弥呼とはどんな人?

卑弥呼とはどんな人物なのか。『魏志倭人伝』の卑弥呼について書かれた一節です。「王となりしより以来 見るある者少なく 婢(ひ)千人を以(もっ)て自ら侍(はべ)らせしむ ただ男子一人あり 飲食を給し 辞を伝え 居処(きょしょ)に出入(でい)りす」。――「卑弥呼の姿を見たものは少なく、千人の侍女(じじょ)に身のまわりの世話をさせていました。部屋に出入りを許されたのは一人の男性だけ。卑弥呼は、まじないや占(うらな)いの結果をその男性を通して人々に伝え、政治を行いました」。

オープニング

scene 06 占い・まじないの力で

この時代、占(うらな)いや、まじないに使われていたとされるのが、動物の骨です。たとえば、鹿(しか)の骨を焼いたときにできるひび割れ具合などで、天候や戦いの勝ち負けを占ったといいます。こうして卑弥呼は、まじないの力を利用して、女王として君臨(くんりん)したのです。

オープニング

scene 07 ドキリ★魏を後ろ盾にして力を知らしめた

239年、卑弥呼は、当時、中国で勢いのあった魏(ぎ)へ使いを送ります。使いのお礼として卑弥呼は魏から、「日本の王」を意味する「親魏倭王(しんぎわおう)」の称号(しょうごう)をあたえられます。さらに、銅で作られた鏡「銅鏡(どうきょう)」をもらいました。魏の皇帝(こうてい)は、「国じゅうの人に鏡を示し、魏が後ろ盾(だて)にあることを知らせなさい」と言ったとされます。日本各地の王の墓から見つかる銅鏡は、卑弥呼が配ったのではといわれています。卑弥呼は、魏を後ろ盾にして、自分の力を知らしめたのです。

オープニング

scene 08 邪馬台国はどこに?

絶大な力を手にしていた卑弥呼。しかし、邪馬台国はいったいどこにあったのか、いまだ明らかにされていません。「卑弥呼、もって死す」。この記述のあと、卑弥呼は『魏志倭人伝』から姿を消します。邪馬台国の女王・卑弥呼。その最期も、なぞに満ちています。

オープニング

scene 09 年号ごろあわせ

卑弥呼が魏に使いを送ったとされる239年は、こんなふうに覚えてみましょう。「卑弥呼の文(ふみ)来(く)る魏の国よ」→「239(ふみく)る」。